070-6572-0358

【営業時間】月・木曜日 17:00〜20:00 火曜日 10:00~16:00 水曜日 10:00〜20:00
【定休日】金・土・日曜日

 

横浜 小顔・顔ツボサロン「なぎ」のオーナーセラピスト 花澤睦美です。

 

 

私の幼いころの夢は、医者でした。

理由は怪我が多くてよく通院していて治してもらったことと、姉の左手の指が小さくてとても短いからです。

そんな姉の指は「事故で切れた」と教えられていたのですが、実際は母の妊娠中の薬の服用が原因でした。

それを知ったのは姉の小学校の卒業式の時でした。 子供ながらに大泣きしたのを覚えています。

その日から、姉の指を何とかして生やしてあげたいと思うようになり、医師になりたいと思うようになったのです。

医療ドキュメンタリーを食い入るようにみていました。

いつかこんな魔法のようなことを姉にしてあげられる自分を夢見ていました。

中学生になり厳しい現実をみて、自分じゃだめだと医師への道はあきらめたものの、その後は目標を持てず、美しいモデルのようになりたいと思い美に執着していきました。

高校生の時には執着が大きくなり、過激なダイエットを繰り返し嘔吐性過食症となり、ピーク時は169cm、37kgでした。

 

もちろん生理は止まり、身も心も不健康極まりない日々が何年も続きました。

人を救う医者になりたかった私はどこにもいませんでした。

何度も繰り返す摂食障害と自律神経系の不調。ついに自己免疫疾患と言われるバセドウ病を患いました。

あんなに痩せたかったわたしが、訳も分からず勝手に痩せていくことに恐怖を覚えました。

「健康になって生きよう」そう思ったことを今でも覚えています。

実際過去の自分をかなり責めました。

 

「何でもっと元気でいなかったの?そうしたらこんなに苦しむことはなかったのに」と責めました。

ずっと働き詰めだった人生で、こんなに休んだことはありませんでした。

休んでいる間に何かを始めたいと思うようになり、人体が好きな気持ちがよみがえりました。

医者じゃないけど。姉の指は生やすことはできないけど、きっと必ず困っている人や助けを求めている人の力になることはできると確信したのです。

私が学んだことは、人は自分で治す力を持っているということ。

本来の姿に近づいていけるということです。

わたしの行っている小顔の施術は、これまでの生活習慣で染みついて硬くなった筋肉を緩め、骨を本来の場所に帰してあげることです。

顔ツボは地層のように重なった感情を少しずつ解放してバランスを整えていくのです。

本来の自分は羽が生えたように軽いものです。

そうなっていくきっかけをお手伝いしたいと思いオープンしたのが「横浜 小顔顔ツボサロン なぎ」です。

 

【保有資格】
・さとう式リンパケア インストラクター
・セルフケアマスター
・ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジスト(神経反射区療法士)
・エメットテクニック筋弛緩療法 認定プラクティショナー

 

ご予約・お問い合わせはこちらから

 

© 2020 横浜 痛くない小顔と顔ツボサロン なぎ|顔痩せして浮腫みとたるみから解放されリフトアップ